image

特徴

・精度の高い金型の製造技術と短納期。当社では、これまでの経験や培ってきたノウハウにより高精度化を可能とするだけでなく、「手戻り」を発生させないことで、納期の短縮化を実現している。

・当社では「手戻り」を発生させない金型設計力を有しており、特に得意としているのは、コーナー部分の“R(アール)”の設計である。
satoru_tokutyou
・“R(アール)”部分の成型は、複数回の『絞り加工』を行うため、その部分に“しわ”が生じやすい。
 “しわ”が発生してしまう金型は、「手戻り」となり、その部分の再調整や再磨きには、多大なコストと納期に影響がでてきます。

・そういった“しわ”を、できるだけ生じさせないような金型が求められており、当社は、これまでの経験から、一定の規則性に基づいた設計を行い、1/100ミリ単位で絞りを入れるテーパー加工技術を駆使し、 “R(アール)”部分の金型を製作し、
さらには、その“しわ”を極小化させる磨きの技術があります。